スポンサーリンク

大学生が1年間彼女と同棲したメリット・デメリット

どうも!大学一年生の春から1年間彼女と同棲していたコーヘイです。

この記事を読むのは大学生か、はたまたこれから大学生になる人か。どちらにせよ誰しもこうなる可能性があるのでね、少しでも参考にしてくれたら嬉しいな。という事で書き進めていこうと思います!

メリットもデメリットも包み隠さず書き進めるのでよろしくぅ!!

スポンサーリンク

メリット

1.朝から晩まで一緒にいられる

彼氏の肩にもたれる(恋人)

やはり人と付き合うと、少しでも一緒の時間を過ごしたいと思う方が多いのではないでしょうか。

別々に暮らしていると、「私今月バイト入りまくってるから全然会えないー、、」なんて事もよくありますよね。

でも同棲していればそんな問題は起こりません。

 

まず朝起きた時点で隣にいます。

学校ならそのまま2人で登校して、2人で晩飯を何にするか決めながら帰宅し、食事しながらテレビを見て、風呂に入ったりレポートを一緒に進めたり、のんびりだらだらできます。

学校が休みなら朝早くからデートに行くもよし、昼頃までうだうだ寝てるもよし、朝まで映画みたりゲームして夜更かしするのもよし。

 

ぶっちゃけなんでもできますよ。全部自分達のペースで決められますからね!

 

2.新婚気分

「結婚式まで数日なのに脱毛の相談に来る人」[モデル:緋真煉 大川竜弥]

まぁ、多分です。笑

結婚した事ないから分かんないけどね、多分新婚ってこんな感じなんだろうなーっていう気分にはなりましたね。

一人が昼ごはん作ってる間にもう一人が洗濯物干して、暇になったら散歩してそのまま買い物して帰ったりと。

 

ただ、社会人の同棲と大きく違う点が1つあります。

それは学生だという事。

このメリットはとても大きいですよ!社会人だとこんなに2人で居れる時間はないですからね。

大学生ならではの自由な時間を互いの好きな人と過ごせる。大学が一緒なら尚のこと一緒に居れるでしょう。

 

3.仲直りが早くなる

赤い糸で結ばれた恋人

そりゃね、殆ど一日中一緒にいれば喧嘩だってしますとも。

だけどね、喧嘩してそれぞれ家に帰ったらしばらく会わなくなったりするじゃん?そのままこじれて別れちゃう人って結構多いと思うんだよね。

けど同棲してるとね、どんなに喧嘩しても最終的には同じ家に帰らなきゃいけなくなるし、ちょっとでも「俺も悪かったかなー」って思ったらすぐに謝れるわけよ。

 

つまり1日以上こじれる喧嘩は殆どありません。大抵次の日までには解決してます。笑笑

 

4.全てをさらけ出せる

「逃げ出したエンジニアを待つデスクトップ」

半年も経った頃でしょうか。

完全に恥という概念が無くなりましたね。笑

そりゃもちろん最初はあったんですよ。でもしばらく同じ場所で生活してると、だんだん薄れていくんです。これが良いのか悪いのかは分かりませんけどね。笑

適度な距離感は大切とも聞きますし。

 

最初こそ「やばいオナラ出そうw」とか「寝言言ってないか心配だー」とか「腹下して下痢だ~、トイレ臭くなる~」とかそれなりに気を張ってたんですけどね。笑笑

後半は完全に皆無でしたねー。

 

そしてそれと引き換えに、2人の時にしか出さない性格の一面が現れましたね。

普段仲良い友達や家族に見せる顔とはまた違った一面が生まれました。まぁこれは人によるんでしょうけどね。笑

 

5.生活費の分担

給与袋を開封したら偽札と紙切れだった

まぁ1番大きいのは家賃ですね。

私の大学の近くは3~4万のアパートが多かったので、単純2分割で随分安くなったものです。

あとは普通に一人4~5万出せば、二人で10万近い豪華な場所に住むこともできますよ!

 

光熱費も風呂以外は基本1人の時と同じ量しか使わないので安くなります。

食費はまぁ人が増えるほど上がりますけどね、それでも1~2人分の食事を作るなんて一人で十分なのでね、どちらかが交代で作ればいい訳ですから、作るのが面倒で外食になる機会が減ります。

よって節約になるので結果食費が浮きます。

スポンサーリンク

デメリット

1.自分の時間が作れなくなる

おいてめぇ何見てんだよ

例えば趣味ですかね

まぁまず一人でやる系の趣味はなかなかできないですねー。

例えば読書やゲーム、あとは筋トレやコレクションなんかもやる時間が無かったりします。

どうしても2人でできる事を優先してしまうのでね。おかげで癖づいてた筋トレを全然やらなくなってしまいました。笑

 

2.友達と遊びにくい

これは何度もありましたねー。

「今日は〇〇を作ろう」って決めてたんだけど友達に「今から鍋パやるから来いしw」とか電話来て、

「うーわどっちも捨て難いー。けどゴメンー」ってな事はよくありましたね。

 

あとは2人で住んでる以上、家に友達を呼ぶってのもほぼ無理ですね。まぁちょっと来て晩飯食べるくらいならありましたが、泊めるってのはまぁ無理だと思った方がいいですね。

互いに気まずいのは分かってるので私は呼びませんでした。笑

 

3.生活リズムが変わる

午後3時まで寝てもうた(ハリネズミ)

誰しも生活リズムに差はあると思います。

それが突然同じ家で生活することになったら、もちろんどちらかが苦痛を感じたり、片方に合わせたりする形になるんです。

 

「夕食は絶対に風呂のあとでしょ!」って人がいれば「家で音楽流すなんてうるさいから嫌だ!!」って人もいると思います。

 

私の場合自分が夜行性で、夜の2~4時くらいに寝るのが当たり前でした。

一方彼女は「11時には寝てたよー」って人だったのですが、いつの間にか私の寝る時間と同じになってました。

最終的には向こうの方が夜更かしするようになってましたね。笑

 

逆に私は洗濯物のたたみ方が移ってしまったりと、細かい家事のやり方が向こうと同じになってました。

お互いズレを合わせながら生活をする事になるのです。

 

4.嫌な所が見えてくる

いくら付き合ってる2人が同棲してるとはいえ、どちらも人間です。

ちょっとした生活の中での行動に苛立ちが出る事は珍しくないですね。

片方が便座のフタを閉めないことや、電気の消し忘れが多い事なんかにストレスを感じる人もきっといます。

 

あと性格面

長い時間一緒にいると、いい意味でも悪い意味でも緊張感がなくなります。

すると、今までは相手を気遣って隠れていた素の自分が現れ始めます。このギャップに耐えられず別れてしまう人も沢山いるんですよね。

 

相手が誰であろうと、どんなに打ち解けあって仲の良い関係になっても、相手を敬う気持ちは持ち続けましょうね!

 

まとめ

大学生になると一人暮らしを始める人が沢山います。

誰かと付き合うと同じ家に住むという人も少なくはないでしょう。私個人の意見としては

大学生のうちに同棲しといた方がいいよ!

って伝えたいですね。本当にその時しかできない経験だし、何より人として成長出来ると思います。

 

その為にはまず恋人を作りましょう。大学生活は友達とバカして遊ぶのも楽しいですが、恋愛も同じくらい経験しとけば数十倍楽しくなりますよ!


スポンサーリンク